自転車

自転車を子供が乗れるようになる練習のコツ!

子供が成長するにつれて、早くて疲れずに、移動できる手段が欲しい。

「自転車に乗れるようになたぁ〜い」

と思い始める時期が必ず来ます。

子供の移動手段と言えば、やはり自転車ですよね?

乗りたくなる気持ちもわかります。

しかし、どうやって自転車を子供が乗れるようにしてあげれば良いの?

上手な教え方のコツってないのかなぁ〜?

なんて思う方が多いですよね。

そこで今日は実際自転車の乗り方を子供に教えた練習方法やコツをご紹介していきたいと思います。

自転車を子供が乗れるようになる練習のコツ

自転車のペダルを外しちゃう!

まず子供が自転車に乗る練習をする前にやる事はこれです。

これさえ先に済ませてしまえば、子供の練習を始める時にスムーズです。

なぜペダルを外して練習するの?

ペダルを外してしまうという言葉を聞いてパッと頭に浮かんだ方いらっしゃると思いますが、実際に3〜4歳くらいから乗れる遊具が有ります。

理屈は全く一緒なんです。

ただサイズが大きくなっただけです。

自転車によってはペダルではなくギアごと全部取り外しが出来る自転車が出ているほどです。

要は自転車に乗れる様になる上で一番重要なことは、自転車に乗れる様にする為のバランス感覚を身につける事が大切です。

子供はペダルがあればペダルを回す事にどうしても集中してしまいます。

自転車に乗ろうとする時の子供の心理状態で考えれば、ペダルを回せば自転車は勝手に走ってくれると考えているからです。

実際には自転車を乗る際には同時にいくつかの事を本来はやっています

  • バランスをとる
  • 進行方向を決める
  • ペダルをこぐ
  • 周囲を確認する
  • スピードを調整する
  • ブレーキをかける

意外に自転車を乗る際に何気なくやっていることは、結構多いんです。

その為、順序を決めて子供に教えてあげる事が大切です。

バランスバイクもオススメ

ちなみにですが、バランス感覚を早く見につかせる方法としてバランスバイクがオススメです!

ペダルがないバランスバイクを乗せていると慣れる早さが全然違いますよ。

 

では実際に練習する順番を説明していきます

はじめに

備えあれば憂いなし

練習するにあたって必要な物をご紹介します。

  • 自転車(補助輪を外したもの)
  • ヘルメット
  • 手首・肘・膝のプロテクター

子供が転んでも軽傷で済むように長袖、長ズボンで練習すると良いですよ。

実際、子供はすぐ腕まくりしたくなると思うので、腕まくりをし辛くするのにもプロテクターはある意味有効かもしれません。

自転車がお子さんに合っているかをチェック!

以下のポイントは子供が自転車に早く乗れるようになる為に結構重要な点なのでチェックしてみて下さい。

  1. お尻がサドルにしっかりと乗っかっているか
  2. 座った状態でしっかり地面に両足がついているか
  3. ハンドルにしっかりと手が届いているか

こちらの三つを基準に自転車の調整を行なって下さい。

ポイント

しっかりとという表現は少し抽象的に思えますが、一つの基準としましては足が地面につかないよりは、確実についた方がいいですよね?

ハンドルに手が届かなければ、ハンドルをきることはできませんよね?

狭すぎてはダメですが、広すぎてはいけないということです。

バランス感覚を身につけよう!

当然ですが、ペダルを外したからと言ってすぐには乗れるようにはなりません。

ペダルを外してすぐに乗れる練習を始めてしまいがちですが、まずはバランス練習から始めていきます。

恐怖心をなくす

いきなり前に進もうとするのではなく、地面から足が離れても怖くない。

という感覚から覚えてもらいます。

自転車にまたがった状態のまま進む練習をします。

自分の足で進めるという感覚を覚えてもらえたら本格的な練習を開始します。

主な練習方法は3ステップです。

1.ハンドル操作の練習

基本中の基本かもしれませんが、意外に見落としがちなポイントかもしれません。

ハンドル操作の手順に付いては以下の通りです。

  1. 自転車にまたがらずに、自転車の左側にたつ
  2. ハンドルを操作しながら歩いて見る
  3. 不安があるようなら、自転車の右側にたち同様に行う

自転車に乗れる人なら当たり前に出来る行為ですが、実際に自転車に乗った事がない子供は

ハンドルで曲がるという概念があまり有りません(潜在的には持っていますが)。

その為、基本とも言えるハンドルを持ちながら自転車がどういう動きをしてくれるのかというのを頭と体で理解してもらうんです。

2.地面を両足で蹴って進む

両足で地面に蹴りながら前に進んでいくという方法です。

最初は倒れそうになったり、うまくバランスがとれない子供でも、やっていくうちにやっていくうちに必ず出来る様になります。

地面を蹴って、足をあげられるまでバランスがうまく取れるようにようになるまで続けてください。

ポイント

まずは親が「真似してね」とお手本を見せてあげると、子供も自然と真似をしてくれます。

何足を地面に蹴っては、足をあげるを3秒ほど続けてできるようになったら、バランスが身についてきたと言えるでしょう。

3.ペダルをこぐ練習

バランス感覚が身についてきたら、次はペダルをこぐ練習です。

大人と違ってまだまだ力が弱い子供にとってペダルをこいで回すのは凄く大変なんです。

久しぶりに自転車に乗った時に重たいと感じる事ありませんか?それと同じです。

なので走り出しは必ず大人が補助してあげてください。

その後はゆる〜い下り坂のところで一人で自転車のペダルをこがすという練習をします。

下り坂で力が弱い子供でもペダルが軽くなって進みやすくしてくれます。

段々自転車をこぐ感覚と力の使い方を掴めるようになってきたら平たんな場所で練習します。

ポイント:進行方向を見るように声がけをする

ペダルに気を取られて、下を向いてしまう子供が多いです。

最初にもお伝えしましたが、子供はペダルをこけば前に進むと思っています。

なので前を向かせるように意識をさせてあげましょう。

行きたい方向に体を向かせなければ、前にしか進めません。

同時に曲がる練習も一緒にさせてあげるとハンドル操作も一層上手になれるので、自転車をしっかりと乗れるようになってからも運転が上手になっていいですよ!

例えば「前見て、前見て、前見て前見て、右曲がってぇ、右右」

なんて声を掛けながら運転をさせて見るといい感じです。

自転車乗れるようになりました!

繰り返しやっている中でもう自転車には乗れるようになっています。

ですが、まだ運転出来る様になってから間もない子供です。

あくまでも「まだ自転車に乗れるようになっただけ」です。

ハンドル操作やブレーキ、走り出しにはまだまだ不安があります。

その為、道路を走っても大丈夫なくらいまでしっかりと練習を繰り返してくださいね。

補助輪付き自転車から乗れるようにする方法

小さい時から補助輪付きの自転車に乗っていた子供でどうしても補助輪を外すのを怖がってしまう場合は、補助輪付きで練習する事をオススメします。

子供が自転車に乗れるようになる方法はまだ他にもあるんです。

日々教え方や、物は変わって行きますが変わらない教え方というのもありますよね?

簡単に、補助輪付きの自転車の乗り方を紹介します。

はじめに

用意するもの

  • 自転車(補助輪)
  • ヘルメット
  • 手首・肘・膝のプロテクター

1.初めは補助輪つきで練習する

基本スタートは現状です。

これから練習をして自転車に補助輪なしで乗れるようにする事を子供に伝えて心構えを持ってもらいます。

集中してもらう事が大切ですので、怖がらせてはいけません。

自転車に乗れるようになるというイメージが大切です。

その為、今は補助輪付きで自転車に乗れているという自信を再確認させるイメージです。

2.片方の補助輪を外す

はじめに外す補助輪は利き足の反対がおすすめ

片方の補助輪を外す時に、少しポイントなのかもしれませんが基本的に補助輪を外す時にはどちらでもいいというわけでは有りません。

大半の子供は右利きだと思います。

その為、何か動作をする時には、ほとんどの場合、軸足にあるのは左足です。

ですので補助輪をつけてあげるのは左側が良いでしょう。

補助輪が片方付いていない状態ですから、まずは転ばないように安心して足を着地できる事を教えてあげてください。

補助輪が地面に当たらないように走行する様に子供に指示を出すと大抵の子供は補助輪が付いていない方へ曲がって行きます。

そうですグルグルと回転して走っているイメージになると思いますが、転びそうになったら補助輪の方へ体重をかければ転ばずに済むと自然に覚えてくれる様になります。

3.反対の側の補助輪に付け替える

最初に外した方の補助輪の反対も同様に練習します。

ほとんど補助輪が当たらない状態になったら、実質的にはもう自転車に乗れる様になっている様なものです。

4.慣れてきたら両方補助輪を外す

補助輪を外すと言うと大抵の子供は怖がります。

ペダルを踏むのも怖ければ、なかなか地面から足を上げることができません。

子供が怖がったら

親がサドルを持ってあげるといいです。

「ちゃんと持ってるからね、大丈夫だよ」と安心させてあげてください。

  1. 親はサドルを持ちながらひたすら走る。
  2. 子供にはひたすらこがせる。

繰り返し練習する事で乗れる様になります。

まとめ

いかがでしたか?今回は自転車を子供が乗れるようになる練習のコツを紹介しました。

自転車を乗れる様になる事を通して、子供にとっても自信を持てる良い機会になるでしょう。

自転車の練習をする事を通して、親子のコミュニケーションも取れます。

また子供が自転車に乗れる様なるという、親にとっては子供の成長まで確認できちゃうひとときになりますね。