ダイエット

ビラクル(BIRACLE)は副作用がない?成分や妊婦中や授乳中に飲めるのか徹底調査!

ビラクル(BIRACLE)は副作用がない?成分や妊婦中や授乳中に飲めるのか徹底調査!

ビラクル(BIRACLE)は手軽に菌活ができるダイエットスムージーとして、SNSでも評判になっています。

痩せ菌を増やす乳酸菌をたっぷりと配合!

満腹感がすごい。

今までにない置き換えダイエット。

と高評価のビラクル(BIRACLE)

ビラクル(BIRACLE)と言えば毎日飲むものだし、副作用とか心配・・・

今回は、ビラクル(BIRACLE)の成分や、妊婦中や授乳中に飲めるのか副作用がないかを調べてみました。

是非、購入前に参考にしてみてくださいね!

記事内容
  • ビラクル(BIRACLE)を飲んで副作用は起こる?
  • ビラクル(BIRACLE)は副作用があるのか成分をチェック
  • ビラクル(BIRACLE)妊婦中や授乳中の副作用が心配

\自宅で手軽にダイエット♪/

置き換えダイエットをサポートしてくれます。

一番お得な毎月定期コースで始めてみる

ビラクル(BIRACLE)を飲んで副作用は起こる?

食物繊維で満腹感

ダイエットスムージー、ビラクル。

ビラクルに含まれている食物繊維と乳酸菌の働きが凄いとSNSでも話題沸騰です。

ビラクルにはダイエットには必要な栄養成分が豊富に含まれています。

主な成分は3つ

  • スラリー菌
  • 食物繊維サイリウム
  • ビタミン

乳酸菌を取るメリット

  • 免疫力がアップする
  • カラダに脂肪がつきにくい
  • リバウンドしにくい
  • 血がサラサラになる
  • アレルギーが軽くなる

腹痛や下痢の副作用は?

ビラクルを飲んで腹痛や下痢の副作用が起きる可能性は低く、実際に飲んだ方の声でも、腹痛や下痢の副作用は報告されていません。

ただし、腹痛や下痢を起こす食物繊維サイリウムや乳酸菌などが含まれていますので無いとは言えないでしょう。

公式サイトでも書かれている1日1~2杯を守っていれば、過剰摂取にはなりませんので適量が大切です。

ビラクル(BIRACLE)飲み方で実感の違いが?飲むタイミングや量はどのくらい?

下痢や腹痛が起こる3つの原因

1つめは、カラダの好転反応で、今までの毒素が溜まっている状態から、カラダが急激に変化しようとすると、カラダ自体は変化を好まず、もとに戻ろうと力を出します。

そういったときに腹痛が起きたり、下痢が起きたりする方がいます。

2つめは、水以外でビラクルを飲んでいること。

特に乳製品(牛乳やヨーグルト)は腹痛や下痢を起こす体質の方も多くいるので、ビラクルが原因ではなく、乳製品が原因で、下痢や腹痛になるかたもいらっしゃいます。

そういった場合には、水やその他自分がお腹をくださないものに溶かしてみるのが良いでしょう。

3つめは、溶かしたものが冷たすぎたこと。

人間の胃や腸は、冷たいものに強くありません。夏場などに、急に冷たいものを飲んでお腹を壊す可能性があります。

おなかが冷えて腹痛や下痢を起こさないように、冷たすぎない温度で飲むように心がけましょう。

直接的にビラクルが原因で腹痛や下痢になることはありませんが、初めて飲むときには少し注意して飲んでみてくださいね。

\自宅で手軽にダイエット♪/

置き換えダイエットをサポートしてくれます。

一番お得な毎月定期コースで始めてみる

ビラクル(BIRACLE)は副作用があるのか成分をチェック

乳酸菌101億個

成分表

サイリスムハスク末(国内製造)、鉄含有酵母、難消化性デキストリン、コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)、殺菌乳酸菌末(乳成分を含む)、大豆発酵物粉末、乳酸菌凍結乾燥末、乳酸菌混合末、ブラックジンジャーエキス末、コエンザイムQ10、α-リポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、黒胡椒エキス末、本わさび葉エキス末/香料、クエン酸、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラミン化合物、ネオテーム)、ビタミンC、微粒二酸化ケイ素、ナイアシン、着色料(赤102、青1)、パントミン酸カルシウム、ヒアルロン酸、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

副作用の原因となる成分はない上に、現在までに副作用は報告されていないとのことです。

注目成分その1 スラリー菌

ビラクルには腸の改善をサポートしてくれる乳酸菌がたっぷり配合されています。

大豆発酵由来の原料で160種以上の菌を含まれており、複数の菌を一度にとりいれることが可能なおかげで、腸内のバランスを整えると同時に脂肪滴の分解を行います。

また101億個も乳酸菌が含まれ、その中のスラリー菌という余分な油分を分解するといった優秀な菌が入っています。

スラリー菌には副作用があったという報告がありませんでしたので安全性の高い栄養成分ですが、原材料は大豆なので、もしアレルギーが心配な方は医師と相談してから飲んでくださいね。

注目成分その2 食物繊維サイリウム

植物の種を包んでいる種皮で食物繊維が多く含まれています。

オオバコ科の植物の種を包んでいる種皮なので、成分の90%が食物繊維で水溶性と非水溶性の食物繊維がバランスよく配合。

食物繊維サイリウムの一日摂取量上限値は、20gとされていますので、それを超えると下痢などになる可能性があるでしょう。

摂取上限量を超えない量であるならば、副作用の危険性は極めて少なく、、ビラクルは1本3.5gですので、摂取上限量を超えないと思います。

注目成分その3 ビタミン

ビラクルには体の調子を整えてくれるビタミンも豊富に含まれています。

1食分のビタミンをビラクルを飲むだけで得られるのは魅力的ですよね。

適量であれば、人間にとって必要な栄養素ですので大丈夫でしょう。

ビラクルに含まれているのは、1食分相当のビタミンですので、副作用の心配はほとんど無いといえます。

\自宅で手軽にダイエット♪/

置き換えダイエットをサポートしてくれます。

一番お得な毎月定期コースで始めてみる

ビラクル(BIRACLE)妊婦中や授乳中の副作用が心配

ビラクルは、妊娠中や授乳中も飲むことが出来ます。

ビラクルは、あくまでも食品ですので、副作用もなく、妊娠中や授乳中も飲んで問題ありません。

ただ、妊娠中や授乳中は、自分ひとりの体ではなく、大切な赤ちゃんの命につながる体となっていますので、無理なダイエットはNGです。

なので個人的には、妊娠中や授乳期間の間に、ビラクルを一食置き換えなどで使用するのは控えた方が良いと思います。

日々の食事の栄養補助として使用するなら、ご飯の前に取り入れたり、どうしても甘いものが欲しい時のおやつ代わりなどに代用すると、ヘルシーなカラダ作りをお手伝いしてくれそうですね^^

妊娠中や授乳中のお母さんは、3食きちんとバランスをとった食事を心がけながらビラクルでしっかり栄養を補給し、授乳が終わってから、ビラクルを食事に置き換え産後ダイエットに励まんでください。

簡単アレンジレジピ

そのまま飲んでも美味しいビラクルですが、乳製品を避けたおススメの飲み方アレンジもいくつかありますのでご紹介しますね。

ビラクル+炭酸水 炭酸水200mlと混ぜる。

スッキリしたい方にオススメです。

ビラクル+オートミルク オートミルク200mlと混ぜる。

クリーミーになり、タンパク質も組まれているので満腹感がさらに増えます。

ビラクル+ココナッツヨーグルト ココナッツヨーグルト70mlと混ぜる。

甘さが増えて、デザート感覚に。

個人的にはビラクル+オートミルクのアレンジがおススメです。

オートミルクは腹持ちも良いし、美肌にも良いので、飲みながらスッキリなカラダが手に入るでしょう^^

もし置き換えダイエットを目指す方はオートミルクココナッツヨーグルトで交互に飲んでみるのもオススメですね。

ビラクル(BIRACLE)副作用・成分についてまとめ

いかがでしたか?

今回は、「ビラクル(BIRACLE)は副作用がない?成分や妊婦中や授乳中に飲めるのか徹底調査!」についてご紹介しました。

  • 下痢や腹痛が起こる可能性は低い
  • 1日1~2杯を守りましょう
  • 乳製品と割って飲む方はお腹が下す可能性あり
  • 妊娠・産後の方も飲んでも基本的にOK

ビラクルはSNSなどでの良い口コミも多く、公式サイトではお得なまとめ購入がありますので、興味のあるかたは、ぜひ試してみてください。

\自宅で手軽にダイエット♪/

置き換えダイエットをサポートしてくれます。

一番お得な毎月定期コースで始めてみる