CLC

CLCが日本撤退や日本活動終了したのはなぜ?理由を徹底調査

2015年3月19日にデビューUBEエンターテインメント所属の7組のガールグループCLC(シーエルシー)。

そんなCLCですが、現在6人で活動していますが、日本撤退した事や日本で活動休止した理由はなぜなのか調査していきたいと思います!

記事内容
  • CLCが日本撤退で活動終了?
  • CLCが日本撤退した理由は?
  • CLCが日本での再開の可能性は?

CLCが日本撤退で活動終了?


2015年3月19日にデビューUBEエンターテインメント所属の7組のガールグループです。

CLCと書いて(シーエルシー)と読みます。

メンバーは、タイ・韓国・香港出身と多国籍グループです。

CUBEエンターテインメント所属のグループでは初の多国籍グループだそうですよ!

グループ名の由来は「透明なクリスタルのようにいつも輝く」。

2016年4月13日には日本でもデビュー。

2016年2月には、5人組で活動していたCLCに新たに2名ウンビン・エルキーが加入する事が決定!7人グループとなりました。

認知度がなかなか上がらなかったCLCですが、2019年に初の音楽番組1位を獲得!

そんなCLCですが、2016年に日本デビュー!

しかし、2018年にわずか2年で日本撤退・・・

つまり日本での活動が終了となります。

CLC JAPAN OFFICIAL FANCLUB「CHESHIRE JAPAN」の皆様へ重要なお知らせ
いつもCLCを応援していただきましてありがとうございます。
この度CLC JAPAN OFFICIAL FANCLUBは、CUBE ENTERTAINMENT JAPAN との委託業務終了に伴い、2018年2月16日より、新規入会および更新手続きの受付を終了させていただくことになりました。
http://clcfan.com/apps/news?detail=512&cate=all&page=1

ファンからは、悲しみの声が多く寄せられていました。

なぜ日本撤退した事や日本で活動休止した理由はなぜなのか調査していきたいと思います!

CLCが日本撤退した理由は?


撤退した理由について調べてみました!

人気が伸びない?

CLCの所属事務所、CUBEはアイドルよりもアーティストに力を入れているという噂があります。ファン層の規模を大きくする気がないのかもしれません。

デビュー当時のCLCは、キュート路線でしたが、同じ2015年にデビューしたオーマイガールや、GFRIENDと同じ路線だったので、ライバルが沢山という状況だったように思えます。

認知度がなかなか上がりませんでした。

韓国以上に日本で売れてるアイドルもいますが、日本でデビューした当時、CLCの知名度があまりなかった為、日本でもブレイクせず撤退となってしまったのではないでしょうか。

多くのK-POPグループが、ファンクラブ終了と共に日本活動を減少させていったのも事実。

大人気韓国アイドルグループT-ARAみたいに、旧ファンクラブがなくなって新しいファンクラブが発足したケースもあります!

なのでもしかするとまた新しくファンクラブを作るって可能性もゼロではないかと思います。

日本でも注目の韓国アイドルなので、日本での活動をまた再開してほしいと願うばかりです。

CLCが日本での再開の可能性は?

CLCは2015年にデビューしたので契約更新の時期は恐らく2022年頃となる可能性が高いと噂されていましたが、早いグループで契約期間を1年以上も残しメンバー全員が再契約するといった早い段階で決まっているグループもあるようです。

契約期間が7年契約だとしたら、2022年に解散や契約解除するメンバーが出てくる可能性があります。

Girls Planet 999」第2話では、グループは事実上の解散状態にあることを明かしました。また、自分が見えないと感じた・・・と。

人気が低迷している事と、契約更新の期間が迫っている事もあり、日本での活動は難しいのではないでしょうか。

しかし、メンバーそれぞれ活躍の場を広げているので今後、個別で日本へ来てくれる可能性のあるかもしれませんね。

CLCが日本撤退についてまとめ

いかがでしたか?

今回は、CLCが日本撤退や日本活動終了したのはなぜ?理由を徹底調査

2016年に日本でデビューしましたが、2018年にわずか2年で日本撤退・・・

日本でデビューした当時、CLCの知名度があまりなかった為、日本でもブレイクせず撤退となってしまった可能性があります。

多くのK-POPグループが、ファンクラブ終了と共に日本活動を減少させていったのも事実。

日本での活動をまた再開してほしいと願うばかりです。