ドラマ

dr.コトー診療所内さん役の現在や2006年シリーズに出演しなかったのはなぜ?

2003年7月3日より9月11日まで毎週木曜日「木曜劇場」枠で放送されていた『Dr.コトー診療所』。 2004年に『特別編』を放送し、シーズン2でも高視聴率を記録!

そんなドクターコトーが映画になって2022年に帰ってきます!

過去のメンバーの出演もあるようで、楽しみですね。

2003年に出演された島の長老で、助産婦資格のあるおばあちゃんの『内つる子』。

島で頼れるおばあちゃんでキャラも好きという声が多くよせられていました。

そんな内さん役の現在や2006年シリーズに出演しなかったのはなぜ?について調べてみました。

記事内容
  • dr.コトー診療所内さん役が2006に出演しなかったのはなぜ?
  • dr.コトー診療所内さん役の現在は?

dr.コトー診療所内さん役が2006に出演しなかったのはなぜ?

2003年と2006年に放送された「Dr.コトー診療所」。


2003年に出演された島の長老で、助産婦資格のあるおばあちゃんの『内つる子』。

頑固で気が強いとこもありますが、島で3000人の赤ちゃんを取り上げた実績があります。

医者の言うことを無視!自分の作るせんじ薬で最期を看取るという島で頼れるおばあちゃんです。

これだけ聞くと、頑固なおばあちゃんだなって感じがしますが、良いキャラで出演して欲しいという多くの声があがっていました。実際みるとイメージが変わります!

そんな頑固でいいおばあちゃんと言われている『内つる子』役は、千石規子さんが演じていました。

2006年のDr.コトー診療所でも出演して欲しいという期待の声がありましたが、出演がありませんでしたよね・・・。


Dr.コトー診療所2006には体調不良で参加できなかったという情報がありました。

2006の時は、84歳だったので、ロケ地までいくのも大変ですし、長期にわたるロケも大変でしょう。

dr.コトー診療所内さん役の現在は?

シリーズ作の出演にも期待の声があがっていましたが、千石 規子(せんごく のりこ)さんは、

俳優の千石規子さん(せんごく・のりこ、本名森礼子=もり・れいこ)が昨年12月27日午後3時34分、老衰のため東京都内の病院で死去していたことが10日分かった。90歳。

引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130110-1070223.html

もう演技を見れないと思うと寂しいですね。

視聴者からも悲しむ声があがっています。

dr.コトー診療所内さん役についてまとめ

『内つる子』役は、千石規子さんが演じていました。

2003年の出演の時、大好評だったので、2006年のシリーズにも出演するのかな?と楽しみにしていましたが、Dr.コトー診療所2006には体調不良で参加できなかったという情報がありました。

まだ活躍を見ていたかったですね・・・

内さんは2022年の映画の出演はされませんが、今”を描く、16年ぶりの続編が映画で帰ってきます。本作のためだけに役者復帰される方もいるそうです!!!

たけひろくんは医者になれたのか?

看護師・彩佳は、コトーの奥さんになれたのか?

今作で明らかになるようで、楽しみですね。