オーラルケア

ブレッシュホワイトニングは差し歯にも効果ある?使用できる?

ブレッシュホワイトニングは差し歯にも効果ある?使用できる?

自宅で磨くだけで簡単に本気で歯を白くしたい人の為に、最近は家庭でホワイトニングができるジェルが人気です!

その中でも「ブレッシュホワイトニング」は歯の黄ばみの三大原因の「着色」「乾燥」「エナメル質ハガレ」を解決しながら、今までになかった爽快感と共に歯肉炎や口臭も予防してくれます。

ぜひ1度は試してみて頂きたいアイテム「ブレッシュホワイトニングですが、差し歯にも使用できるのでしょうか?また効果を感じるのでしょうか?

今回は、ブレッシュホワイトニングは差し歯にも効果ある?使用できる?について調べていきたいと思います。

ブレッシュホワイトニング公式サイトはこちら ★/

キャンペーン価格で試す

ブレッシュホワイトニングは差し歯にも使用できる?

口臭予防の効果が認められた歯磨きジェル ブレッシュホワイトニングジェル

結論を先にお伝えすると、差し歯はホワイトニングすることができません

ブレッシュホワイトニングって何?

ブレッシュホワイトニングとは、歯が白くなる成分が配合された医薬部外品ホワイトニングジェル。

毎日おうちで簡単に5分磨くだけで、ホワイトニングはもちろん口臭の防止・歯周病予防などができます^^

▼ブレッシュホワイトニングがオススメな方▼

  • お茶やコーヒー・赤ワインなどをよく飲む
  • 色が濃い食べ物(カレーやキムチなど)を食べがち
  • 歳をとるごとに歯が黄ばんでいる気がする
  • タバコを吸う・過去に吸っていてヤニが気になる など

◎ブレッシュホワイトニングの期待できること

  • 歯を白くする
  • 口臭の防止
  • 歯周病の予防
  • 歯肉炎の予防
  • 史跡の沈着を防ぐ
  • タバコのヤニ除去
  • 口内を浄化する
  • 口の中を爽快にする

ブレッシュホワイトニングは差し歯にも効果ある?口コミを調査

差し歯はそもそも素材の変色が原因で黄ばんでいるように見えてしまいます。

なので、ブレッシュホワイトニングはもちろん、ホワイトニング自体はできません。

着色予防のポイント4つ

その1)着色しやすい飲食を控える

天然歯と同じように差し歯も種類によって、濃い色の食品は歯の着色汚れの原因となります。

着色をしない食生活は難しいですが、意識して赤ワインを白に変えてみたり、ブラックコーヒーではなくラテにしてみてはいかがでしょうか。

その2)喫煙はNG

タバコのヤニは、ベタベタしていてくっつきやすく色が黒い性質があるので丁寧にケアをしていないと歯に茶色い汚れとして現れ、気づいたら歯が真っ黒になることも。

吸っている方は、カラダのためにも、歯のためにもこの機会に禁煙することをオススメします。

その3)早めに歯磨きをする

飲食して30分後であれば歯磨きしてもOKなので、もし濃いものを食べたり飲んでしまった場合はササっとお手洗いでブレッシュホワイトニングをして歯磨きをすれば、着色予防はもちろん口臭もスッキリ爽快になりますよ。

その4)差し歯する前にホワイトニングする

差し歯の色は素材によって異なりますが、セラミックなどだと今の天然歯と馴染ませるために色を作ってくれるので、差し歯をつけた後では色を変えることができません。

なので、もし今の歯の色に満足をしていないのであれば先に美容歯科などで即効性のあるホワイトニングをしてから、差し歯を作ることをオススメします。

そして、予防策でブレッシュホワイトニングを毎日使うと良いでしょう^^

ブレッシュホワイトニングが選ばれる理由4つのポイント

その1)食事や飲み物をごっそり!

有効成分のポリリン酸ナトリウムが歯石の沈着を防ぎ、歯の汚れを除去して「歯を白く」します。

その2)コーティングで虫歯の発生を防ぐ!

ポリリン酸ナトリウムの歯のコーティングによって「初期虫歯の発生を防ぐ」ことをサポートします。

その3)天然由来の成分で歯の汚れの付着を防ぐ!

  • ドクダミエキス
  • チャエキス
  • オウゴンエキス

その4)口臭・歯周病予防にもアプローチ

グリチルリチン酸ジカリウムが歯周病予防、口臭予防に作用し口内環境を整える。

ブレッシュホワイトニング公式サイトはこちら ★/

キャンペーン価格で試す

ブレッシュホワイトニング差し歯の使用方法

差し歯の方は「ブレッシュホワイトニングは使えないの?」と思うかもしれませんが、着色汚れの予防で使うことが可能です。

着色してからではお金も時間もさらにかかりますので、個人的には予防で定期的に使うのがオススメですね^^

ブレッシュホワイトニングの使い方

  1. 歯ブラシにブレッシュホワイトニングジェルを1.5cmを目安につける。
  2. 歯と歯の間、歯の裏側も忘れずに小刻みに動かしながら5分程度磨きます。
  3. 最後に水でゆすぎます。

使用頻度について

毎日の食後30分後で、朝・昼・夜の3回を目安の5分程度磨くことをオススメしています。

差し歯が黄色くなる原因ってなに?

保険適用で作った差し歯は「レジン」と呼ばれるプラスチックなので、数年すると汚れが付き、最終的には黄色く変色します。

残念ながら差し歯の着色汚れは、天然歯用のホワイトニングでは白くすることはできません。

差し歯の着色の原因は主に天然歯と同じように濃い飲食による着色と、劣化によっての変色です。

万が一差し歯が着食・変色した場合

着色したものを取って新しい被せものと交換するのがオススメです。

※治療目的でなく美容目的となると保険適用外になる可能性あり。

変色しにくい差し歯とは?

保険診療で差し歯を作るとそれなりに安い素材を採用したレジンや金属(銀歯など)となり、数年後には劣化して変色したりと色々とトラブルが出てきます。

なので個人的におすすめなのは、ジルコニアクラウンです。

ジルコニアクラウンとは、人工ダイヤモンドとしても用いられる材質で強度があり、劣化しづらく着色や変色しづらいのがポイントですね。

他にはオールセラミッククラウンも天然歯のような色なので馴染みやすいですが、陶器なので強度はジルコニアクラウンより弱いです。

ただし自由診療なので経済的な負担が大きいです。

ブレッシュホワイトニング公式サイトはこちら ★/

キャンペーン価格で試す

ブレッシュホワイトニング差し歯に使用できる?まとめ

いかがでしたか?

今回は「ブレッシュホワイトニングは差し歯にも効果ある?使用できる?」をご紹介しました。

差し歯はホワイトニングすることができません。

ブレッシュホワイトニングはあくまでも着色予防などで使用することをオススメします^^

ブレッシュホワイトニングはSNSなどでの良い口コミも多く、公式サイトでは、お得な割引なども紹介されているので、興味のあるかたは、ぜひ試してみてください。

解約方法について詳しい記事はこちら。

ブレッシュホワイトニング公式サイトはこちら ★/

キャンペーン価格で試す