LESSERAFIM

ルセラフィムカズハの幼少期から鼻の整形を調査!変化を昔の画像と比較!

2022年5月2日SOURCE 『FEARLESS』でデビューしたMUSIC所属の韓国の5人組女性アイドルグループLE SSERAFIMルセラフィム)。

大阪府出身の日本人メンバーカズハさん。

MissAのスジ、NiziUのアヤカに似ていると言われています♡

そんなルセラフィムカズハですが、鼻が整形疑惑?と浮上しているのです。

今回は、ルセラフィムカズハの整形の噂は本当なのか、画像で検証していきましょう!

記事内容
  • ルセラフィムカズハは鼻が整形疑惑?
  • ルセラフィムカズハは鼻を整形?幼少期から現在の画像
  • ルセラフィムカズハの整形疑惑についてネットの反応

ルセラフィムカズハは鼻が整形疑惑?

2022年5月2日SOURCE 『FEARLESS』でデビューしたMUSIC所属の韓国の5人組女性アイドルグループLE SSERAFIMル セラフィム)。

本人メンバーカズハさんは、大阪出身の現在19歳です。

3歳の頃からバレエを学び国立バレエアカデミー(Nationale Balletacademie)に所属していたようです。

オランダで留学中にSOURCE MUSICのオーディションを受け、合格し、デビューを飾りました!

LE SSERAFIMではラップを担当し、韓国・日本でも美しいビジュアルから人気が急上昇中!

そんなカズハさんですが、可愛さも美しさも持ち、明るくいつもニコニコしている顔立ちはパット目を引きますよね♪

ビジュアル評価もとても高く、男性・女性にもメンバーにも人気です♡

そんなカズハさんはアイドルらしい可愛いルックスにも注目が集まっていますが、ビジュアルの評価が高いとどうしても整形しているのでは?と疑いたくなってしまいますよね?


カムバする度可愛くなっている韓国アイドルですが、カズハさんも日に日に美しくなっているように感じます。

しかし、韓国=可愛い=整形?みたいなイメージもありますが、みんなが整形しているわけではありません。

整形疑惑が浮上しているカズハさんの昔の画像からスッピン画像で現在の顔と比較していきましょう!

ルセラフィムカズハは鼻を整形?幼少期から現在の画像

幼少期に整形は難しいと思うので、

幼少期から中学までの写真と比較していきたいと思います。

幼少期

幼少期の画像がなかったので、バレエ時代のカズハさんの画像をみていきましょう。

幼さはあるものの、変化はないように思います。

面影はそのままですね。

デビュー当時

デビュー当時から美しい!

画像を見ると天然であることがわかります!

現在

HYBEに所属したアイドル、タレントさんは鼻がスッとしている高い鼻になると噂があります。

HYBEに所属するアーティストは鼻の形が似ていることからHYBE鼻、びっひ鼻とも言われるようになったようです。

新たに誕生したグループは、鼻がHYBE鼻になるのでは?と心配の声もあるようです。

ビジュアルを公開された時に、宮脇咲良さんもハイブ鼻に変わった?!と話題となっていました。エンハイフンのソフンさん、ヒスンさんもデビュー前にハイブ鼻に変わった?!と噂されていました。


この噂から「鼻」というワードが生まれ、カズハさんも鼻を整形するのでは?と噂されたのかもしれませんね。

昔の顔を比べてみても鼻の形も高さも変化ないように思えます。

カズハさんの整形疑惑が色々と話題になっていますが、カズハさんはメイクの仕方にとよっても顔が違うと話題になっていることもあるようですね。

画像を見る限りでは、天然美人さんに限りなく近いと思いました!

ルセラフィムカズハの整形疑惑についてネットの反応


美意識が高いと言われる韓国。

実際カムバする度可愛くなっている韓国アイドル。

肌管理をしている方が多い印象です。

単純に「キレイになりたい!」って理由だけではなく、プロフェッショナルを追求するということで整形する方もいるんだとか。

カズハさんの場合、天然美人という意見の方が圧倒的に多いですね!

整形疑惑が色々と話題になっていますが、アヤカさんは、デビュー前から可愛いという事が判明しました。

ルセラフィムカズハは鼻が整形疑惑?まとめ

いかがでしたか?

今回は、ルセラフィムカズハの幼少期から鼻の整形を調査!変化を昔の画像と比較についてご紹介しました。

昔の画像と比較すると変化がないように思えます。

すっぴんも薄メイクもすべてにおいて可愛かったですね~!

仮に整形していたとしても、見た目がナチュラルで、本人が満足しているのであれば、美のオプションの1つとして整形はありなんじゃないかなと個人的に思いました。

これからもカズハさんの活躍をみんなで応援していきましょう。